今日通販サイトへ反映させる在庫管理情報が間違っていた・・・

2022年3月15日 0 Comments

今日通販サイトで掲載している商品が売れたのは良かったのだがまさかの在庫がなかった

通信販売と言うような売り方をしている事業者としてはあってはいけないと私は強く感じた

なぜそういうことが起きたのか?
同じ商品が前回売れた時に在庫がゼロになったはずだから前回いつ売れたのかと言うことを調べてもそのいつ売れたのかと言う情報さえなぜかない

最悪商品の仕入れ分が損をしたと言うような事は自らが大夫妻と言うことだからそれはそれで良くは無いけども戒めにはなる。

だがない商品をアールと言って販売してありませんでしたと言うことを購入者様に伝えると言うのは悪いイメージだけが広がると言うようなことになる。

例えばそういう商品がとても人気な商品だったとしてもとても不人気な商品だったとしても販売店にとって良い事は1つもない。

お客様への対応と連絡それに付随する在庫の過不足に関するデータの洗い出し、またそれらの対応を緊急的に行うことに対する人的リソースの損失。

そしてその作業を実際に行ってくれるスタッフの精神的な苦痛。

それが仮に販売定員としても作業員も含んだ、原因があったとしてもその原因になり得るような状況を放置していた会社の罪は重いと言わざるを得ない。

これが、命に関わるような場合業種だったら、取り返しのつかないことになってしまうわけである。

さてどうしたものか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。